任意売却再生支援について

住宅ローンの支払いが困難になったり、借入金が返済できない状態が続くと…
次のような方法が考えられます。

競売

銀行は貸していたお金を回収するために、裁判所を通じて、担保となっている不動産を一番高く買ってくれる人(落札者)を募集します。こうして担保となっている不動産を競売市場の中でお金に換えて強制回収する制度を「競売」といいます。
競売は裁判所主導で行われ、落札者の募集は裁判所の閲覧室やインターネット等により広く公開される方法がとられます。

再生支援

企業経営上、不要の不動産や担保不動産の任意売却等の相談を通じて、円滑な売却におり資金改善が進められるように、サポートしようとするものです。

任意売却

競売以外に、不動産所有者の任意によって「なるべく市場の相場に近い価格で売却する」という目的で行われる取引があります。その取引を「任意売却」といいます。
任意売却は、競売のように法的・強制的に物件を売却することとは異なり、通常の不動産取引と同様の方法で売却するため、周囲には住宅ローンを滞納したことが知られることなく、自宅を売却することが可能となります。任意売却は、通常の不動産取引と同様に、多くの購入検討者へ販売活動を行い、良い条件で購入する人を探すことができます。また、出来るだけ高い価格で売却することで、不動産売却後に返済しなければいけない残債を少なくすることができます。

任意売却のメリット

高い価格で売却できる
市場価格に近い価格で売却が可能なので、司法競売よりも返済にあてられる価格が多くなる可能性が高い。
プライバシーが保護される
司法競売のように告知されないので、近隣住民に知られることが比較的少ないので安心です。
引越しに融通がきく
債務者支援の立場でサポートさせていただく為、引越しの日程や引越し費用等のご相談ができます。